« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

水中花

ゆく夏を惜しむかのように庭の片すみで。
Bulog_419_1

|

2006年8月26日 (土)

サルスベリ


園芸種のため10年経ってもあまり大きくならない百日が、小雨まじりの涼しい朝に開花しました。昼ごろには爽やかな風…
     
秋来ぬと 目にはさやかに みえねども 
                風の音にぞ おどろかれぬる

…この季節になると、しぜんと口をついて出る古歌でした。


Bulog_415 Bulog_416

|

2006年8月24日 (木)

雑草かと思っていたら

Bulog_417 通路に雑草が伸びてきたので、そのうち取ろうと思っていたら、のインパチェンスでした。こぼれ種だけどこの花でいっぱいになるのもいいかしら。
Bulog_412

|

ミニトマトなスローライフ

今朝こんなにも収穫できました。まだまだが咲いているので、秋まで楽しめそうです。右は高圧洗浄機。外壁のが気になっていたので除去したかったのですが、使用中の音がうるさいので早々に止めました。
Bulog_411_1  Bulog_409_1

|

2006年8月21日 (月)

網戸の張替え

気になっていたグレーの網戸を6枚、アルミの黒に張り替えました。まるで網戸などないかのようにすっきりとした印象です。
Bulog_406_1 Bulog_407_1 Bulog_408

|

2006年8月20日 (日)

ロハス IN VERANDA

早朝、えさやりにベランダに行くとカラスが私を見てあわててケージに逃げ込みました。違うでしょ?空に飛ばなきゃね…獣医は足が悪くても羽が壊れていなければ飛べると。カラスのためにビタミン剤を購入。観葉植物も置き、より自然に近い環境づくりによって、元気になってもらおう。早く飛べ!
Bulog_402 Bulog_403 Bulog_404_1 Bulog_405_4

|

2006年8月16日 (水)

山へお帰り

保護してから1ヶ月…スイカやビーフジャーキーが大好きで、ミニトマトはあまりお好きでない、そんな嗜好も分かりました。扉を開け放しておいても未だ飛び立ちません。早く仲間の待つ山にお帰り。義理を感じるならばダイアモンドでも空から我が家に落としてね。私は「大きなつづら」も「小さなつづら」も大好きよ。Bulog_400 Bulog_399
Bulog_398

|

2006年8月15日 (火)

小泉首相に続いて…

靖国問題で大揺れのさなか靖国神社に寄りました。御霊はどこにあるのか判らないけれど、ビルマで自決を余儀なくされた親戚に献花しました。日本兵の7割は餓死で亡くなったそうです。靖国通りでは右翼の街宣車ががなりたて、沿道にはものものしい警察護衛車がずらりと並んでいました。さまざまな想いのなか、目つきの鋭いSPと各国のマスコミ関係者は参道を囲み、私たちは偶然一緒になってしまった黒服集団のお兄さんたちとしずしず拝殿まで進んだのでした。怖かった…。
Bulog_381_1 Bulog_383_1  Bulog_388 Bulog_392

|

8月10日鎌倉焔花

Bulog_369 Bulog_368 Bulog_371 Bulog_374 Bulog_370 Bulog_376

|

2006年8月 9日 (水)

お隣の国

家人が韓国旅行から帰国。リュ・シウォンの写真集やストラップのお土産が何よりでした。とても楽しい旅だったこと。ソウルでは地元の中学生数人から話しかけられ、「日本人との交流を深める」宿題が出ていて日本語プリントからの質問を幾つも受けたそうです。日本の学校教育では考えられない粋な宿題ですね。お互いに真実の歴史を正視しなければと痛感しました。
Bulog_365_1  Bulog_366

|

2006年8月 2日 (水)

鎌倉花火の団扇

鎌倉の花火大会では水中花火が圧巻。半円形の焔花に大きな拍手と歓声があがり、「鎌倉の夏」を実感します。右の団扇は2006年中島千波さん。毎年、鎌倉花火にちなんで、鎌倉在住画家の描く団扇が鎌倉市観光協会より販売されます。青磁ふう蚊遣りに添えた団扇は2002年平松礼二さん。オレンジ色は2000年横山隆一さん、2001年小泉淳作さん、隣は藍染の百円ショップの仲間たちです。
Bulog_359_2 Bulog_364_1 Bulog_360_2 Bulog_367_1

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »