« あべちゃん、日本一のお返事! | トップページ | 競走馬の輸送 »

2012年9月16日 (日)

レッスン初日

韓国語の、カフェレッスンを初めて受けました。
きっかけはご多聞にもれず、韓流ドラマtvを字幕
なしで理解したかったから。

以前は、ハングル文字を、国旗を目にするだけで
言い知れぬ不安を感じたほどの、近くて果てしなく
遠い国が韓国でした。
その不幸は、日韓両国の間で現在に至るまで続い
ています。

司馬遼太郎が書くように、まだ国など存在しなかっ
た頃、半島から島から人々は自由に行き来してい
たという。そして言葉の違いなど、方言による違い
みたいなものだったのだと。

私は、美術館で朝鮮渡来の半跏思惟像を見るたび、
その安寧さに心を揺さぶられ、

横田めぐみさんが「覚えれば帰してあげる」と言われ
たハングル文字を見るたび、どんな思いでこの文字
に向き合ったのだろうと、その残酷さに心が委縮します。

この数年間で多くのことを知った分、疑問も増していく。

2012_0912_121746p1020344

|

« あべちゃん、日本一のお返事! | トップページ | 競走馬の輸送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事