« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

鶴岡八幡宮「おはらひさん」

大晦日、このところ悲しいお別れが続いたので気持ちを新たにと家族で
鶴岡八幡宮の「大祓式(お祓いさん」に出席しました。

 2012_1231_123254p1020514 2012_1231_124138p1020515
知らず知らず身についた罪けがれを人形に託して、祓い清める儀式です。

2012_1231_133124p1020516 2012_1231_144509p1020512
大勢の参加者のなか、無事終えて新しい御朱印帖も購入。帰りには清々しい
気分となって、若宮大路わきの「秀吉」のヤキトリで軽~く一杯beer

あ~ぁ、もう汚れちゃったかも…bleah

2012_1230_120755p1020511

|

2012年12月30日 (日)

ルンバもどき…

暮れも押し詰まった日、我が家に働き者のルンバもどきが来ましたhappy01
cafeを飲んでいる傍らで、せっせと働いてくれて感激sign03

我が家ではルンバと呼んでいますが、実はお高いルンバなんて買えません。
これは超安い、ニトリのお掃除ロボットですshine

それでも健気にミカンを頭に乗せて、あっちにぶつかりこっちにぶつかり、
少々の段差も乗り越えて床や畳をピカピカにしてくれましたshine

2012_1228_160423p1020509 2012_1228_154047p1020507 2012_1228_154437p1020508

|

2012年12月24日 (月)

またもや金魚のお引越し

急激な寒さにつれて、深窓育ちの金魚も
動きが鈍くなりました。

笑われるかも知れませんが、この金魚た
ちが心配でならず、せめてもっと暖かい
場所へと今日は二人がかりで重い水鉢を
移動させ、その甲斐あってか単に気温が
高かったのか、金魚たちの動きも活発に
なってひと安心。

平和な暮れのひとときでした…

2012_1223_131839p1020506

|

2012年12月22日 (土)

師走のお庭

雨から雪に変わりそうな中、笹目の吉村弁護士をお訪ねしました。法律相談の
あと、「ゆず湯はされましたか」と庭のユズとヒラタケを採ってくださいました。

冬場で花々はありませんが、実は先生のご自宅は鎌倉では珍しいオープン・
ガーデンをされていて、春にはイワツツジ、サクラ草が咲き乱れ、「趣味の園芸」
にも紹介されています。

十年前に訪れた時は、庭で口笛を吹くと裏山から山雀が飛んできて、先生の手
で餌をついばむ光景に驚いたものです。十年の時が流れ、白髪こそ増えたもの
の相変わらず動植物を愛する優しい先生でした。

2012_1222_141906p1020500 2012_1222_141952p1020501 2012_1222_145535p1020502

|

2012年12月20日 (木)

スローライフ イン チバ ~暮れの紅色~

庭のおもと、万両、畑のとうがらし。
共に私の好きな、自然界の美しい紅色。

2012_1218_101254p1020491 2012_1218_101309p1020492 2012_1218_095844p1020490


|

暮れのご挨拶

時間ができたので、表参道の善光寺と
外苑前の梅窓院へお墓参りに行き、
今年の近況報告を済ませました。

一歩出れば、賑やかな青山界隈です。

2012_1214_145423p1020488_2

2012_1214_140811p1020485


2012_1214_142638p1020486


|

2012年12月13日 (木)

リュ・シウォン SEASON Japan Live Tour 2012

今年のコンサートツアーのフィナーレは、横浜アリーナでしたnotes
crownにとって、今年は本当に辛い年でしたね。
愛娘との別離、離婚に向けての話は、きっとファンの方々も胸を痛めたの
ではないでしょうか。

いつものようにcrownが素直に語るだけに、会場は静まり返ってしまい何だか
コンサート中とは思えない時間…。
でも最後に、アンコールに応えて踊ってくれた「江南スタイル」で楽しく終え
ることができましたshine

私とリュ・シウォンとの出会い?は、そんなに古くはありません。

職場の健康診断を関内に受けに行った帰り、とっとと職場に戻ればいいものを
サボってコーヒーを飲んでいたのですcafe
そんなとき店内で流れていたのが、crownの「なごり雪」のカバー。
韓流に興味のなかった私は、誰が唄っているのかも分からなかったのですが、
雰囲気のあるソフトな歌声に一瞬で惹かれましたnote
のちに、それがリュ・シウォンと知って以来、毎年コンサート会場に足を運ぶ
ようになったのです。

リュ・シウォンは、外交官が逆立ちしても出来ない日韓の壁を、あの笑顔と
飾らなさでヒラリと飛び越えさせてくれたのでしたcrownbell
2012_1212_165003p10204822012_1214_080520p1020483

|

2012年12月 3日 (月)

再びソウルの旅 一日目(金浦~梨泰院)

今回は旅行会社を通さず、航空券、ホテル宿泊、エステの予約まで全部、
ネットで行ったので、羽田でいざEチケットを見せる時はドキドキものでした。
airplane朝、羽田からairplane昼前に金浦空港へ。

金浦空港からはTmoneyカードを購入。
2012_1202_132403p1020479
これを頼りに、ガイドも添乗員もいない観光を今回初めてしますbag

まずはホテルとエステの所在地、梨泰院まで空港鉄道と地下鉄6号線を
乗り継いで行きますが、もちろん言葉は話せませんcoldsweats01
2012_1130_131319p10204392012_1130_133722p1020440_22012_1130_134038p1020441
駅員さんが丁寧に乗り場を教えてくれたので、乗り継ぎ駅の三角地から
梨泰院までスムースに。
途中、電車の窓からの美しい漢河の眺めです。

2012_1130_141640p10204372012_1130_141222p1020435_32012_1201_082319p1020445_6
地下鉄のホームには、防毒マスクや非常リュックが備え付けられていて、
あらためて国防意識を確認させられました。

2012_1201_194429p1020476
ここがハミルトンホテル。
梨泰院は米軍基地があり、世界中からの外国人が集まる地域で結構、
騒々しい街でした。おそらく二度とハミルトンホテルには泊まらないかも…sweat01

夕食は田舎料理の韓定食。「お粗末?だけど安い」と現地の方のおすすめ。
美味しかったです。これで一人前6,000ウォン(480円)。
2012_1130_184443p1020443

|

再びソウルの旅 二日目(梨泰院~明洞~仁寺洞~ソウルタワー~南大門)

翌朝、カラッとした寒さの中、化粧品を買いに明洞へ。
でもまずは、朝食のアワビ粥でしょう。
2012_1201_090438p10204472012_1201_103518p10204482012_1201_140745p1020455

明洞から仁寺洞まではバスで。
モタモタしていると運転手さんから怒られると聞いていたけれど、
Tmoneyカードがあるのでスイスイとクリアshineこのカードはタクシーも
コンビニも使えますscissorsおすすめの泣かせる一枚ですsign03

仁寺洞では雑貨や陶磁器をひやかしてから、早めの昼食。
海鮮チゲとタコ炒めを注文しましたが、タコ炒めの激辛味にはびっくり!
辛いものは好きな筈なんですが…coldsweats02
2012_1201_124910p10204532012_1201_122639p1020452

2012_1201_133508p1020454_22012_1201_111551p1020450_22012_1201_112114p1020451

仁寺洞からタクシーとバスでNソウルタワーへ。
ちょうど古武道のショーをやっていました。
南山には、うっすらと雪のベールがかかっています。
2012_1201_153848p1020467
2012_1201_142437p10204592012_1201_153213p10204652012_1201_153555p1020466

帰りはバスで、南大門と夜の明洞でのショッピングeye
2012_1201_140904p10204562012_1201_171209p10204712012_1201_173828p10204722012_1201_171202p1020470

小腹が空いて、海苔巻とイカ炒め、トッポキ、タコのスープのおやつ。
2012_1201_175208p10204732012_1201_175924p10204742012_1201_180804p1020475


2012_1201_194429p1020476_22012_1201_205521p1020477
すっかり疲れてホテルに戻り、夕食は日本居酒屋でのおでんで〆としましたhappy01

|

再びソウルの旅 三日目 (梨泰院~梨大~金浦)

最後の日のハイライト、水原城へ行くつもりが、飛行機の時間に難しいとの
ことで、急きょ、梨花女子大学付近の散策をすることにしました。

地下鉄を、6号線から2号線へと乗り換えて梨大へ。
2012_1202_100710p10204572012_1202_103620p10204602012_1202_130510p10204782012_1202_103628p1020461
途中、ドラマでおなじみの俳優が微笑んでいたので、一方的だけど知った顔?
に会えてホッとした気分となりました。

2012_1202_104515p1020464_22012_1202_104357p1020463_2
梨花女子大学の広々としたキャンパスと、立派な校舎。ソウルでも屈指の優秀な
お嬢様学校とのことでした。どうせならと学食をいただくつもりが、日曜日で食堂
はお休み…残念noodle

実は、ここに来る前に旅行カバンが駅のロッカーに入らず、困っていると駅員さん
が快く預かってくれたり、そのやり取りを見た女子学生さんもロッカーの使い方を
教えてくれたりと、多くの方より親切にしていただきましたvirgo
また、前回の旅もそうでしたが、時々、お年寄りから日本語で懐かしそうに話しか
けられたりもしました。

2012_1202_152659p1020481 2012_1202_151636p1020480
最初から最後までガイドブックと首っぴきでしたが、誰に気兼ねすることなく気楽で
楽しい時間を過ごせたと思います。
次回は、もっと歴史的遺産をめぐる内容で計画しようshineと決意する私wink

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »