« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月20日 (火)

子供みこし

町内会のお祭りで、お囃子と共に子供みこしの声が聞こえて来ましたが、
あまりにも暑かったので、今年はドアフォンモニター越しで…sun

003 002

|

2013年8月17日 (土)

秋のおとずれ

この季節、我が家の庭で惹かれる茶花は「ほととぎす」です。
秋が深まり、秋明菊が風にゆらぐさまを眺めるのも好き。

002 001_2
                              (白一重の秋明菊つぼみ)

|

2013年8月15日 (木)

散歩のつれづれ

002

立秋の風はさすがに違うと思いながらフラフラと、
若宮大路沿いの「やきとり秀吉」へbeer
冷房なんてないから暑い暑いと言いながら、レト
ロな雰囲気の中beerをグィッとnote

グラスがプラスチックというのも、泣かせますbeer

|

2013年8月10日 (土)

鶴岡八幡宮の夏越祭り

夏越祭 8/6(月)15:00~
夏の邪気を祓う神事の後、参道で「茅の輪くぐり」を行い健康を祈願します。
舞殿では巫女により「夏越の舞」が奉納されます。

立秋祭 8/7(火)17:00~
夏の無事を感謝し、実りの秋の訪れを奉告するお祭です。
御神前には神域で育まれた鈴虫が供えられます。

実朝祭 8/9(木)10:00~
白旗神社にて。源実朝公の誕生日に執り行うお祭。実朝公の遺徳をしのぶ
と共に、ぼんぼり祭中には俳句会、短歌会が催されます。

003 001
    (舞殿にて元ちとせのライブ)           (竹宮恵子 画)
002 004
   (山本富士子 画)
この三日間、参道には地域の著名人の描いたぼんぼりが飾られ、夜は懐中電灯の
明かりのもと、誰の描いた画か楽しみにながめたものです。
小倉遊亀さん、平山郁夫さんの画をもう見ることも叶わず、残念に思います。

残念ついでに言えば、数年前まで花火大会はぼんぼり祭りの翌日と決まっていたの
ですが、諸事情で毎年開催日は決まっていません。

ゆく夏の最後のイベントを楽しみに各家庭でも人寄せが行われていて、庭でのBBQ
パーティをよく見かけたことでした。

|

2013年8月 9日 (金)

阿寒湖のまりも

と言っても、もちろん養殖のまりもです。
北海道の思い出に。

001

|

2013年8月 5日 (月)

知床の旅

羽田から新千歳空港へ、夏の北海道は初めてでワクワクheart04airplane

一日目は、ひたすらバスで富良野のファーム富田、美瑛、旭山動物園、
温根湯温泉めざして走りましたbus

途中、広大なジャガイモ畑、玉ねぎ畑、トウモロコシ畑をeyeながら、
車窓から北海道の大地を満喫ship
お宿は、大江本家でのspaが良くてリラックスできましたhappy01

003  008 039

007  009 010

012 004

旭山動物園では、噂の人気館は行列をなしていたのでスルー。スタッフの方々は感じ
良くて、仕事への誇りを感じました。ただ、思ったよりも地味な印象の園で、報道されな
いけれど上野動物園の麻袋を着る?ゴリラもおすすめですpunch

  018 016 019
  022 017 023 013

二日目に、世界自然遺産の知床めぐりへship
時々、小雨となりながらも美しい風景に来て良かったと感動shine
お宿は、屈斜路湖プリンスホテル。
庭に、渡り損ねた白鳥が一匹…寂しいのか人の近くに寄って来るのですが、凶暴とのこと。
なんで、仲間に置いてきぼりとなってしまったのでしょう。

021 020

028 032

029 043

三日目は、硫黄山、摩周湖、阿寒湖、全身ピンクづくめの紫竹さんのガーデンとまわり、
十勝の日昇峠を最後に短い旅を無事終えることができましたairplane

034 026 

037 035 041

049 052 042

      
最後に、知床を訪れた方はご存じだと思いますが、
ガイドさんから伺った「ヒグマのソーセージ」の話を…。

観光客からソーセージをもらったメスのヒグマは、それより
人間からは食べ物をもらえるものと思い、とうとう小学校の
校庭に出没するようになり、射殺されてしまうという結果に。

実際にあったことで、そのヒグマはソーセージと呼ばれるよ
うになったそうです。
可愛いだけでは済ませられない、野生の動物との距離の
取り方がありますね。

025

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »