« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

永福寺跡公開

頼朝の建てた「永福寺」(ようふくじ)は、七堂伽藍の全国有数の
規模と景観を持ち、頼家、実朝を始め歴代の将軍による華やか
なる花見、月見、蹴鞠などの行事が催されたという。

まだ、鎌倉市による整備が遅々として進まぬ野原だった頃、
私はよくここを訪れた。

      出ていなば主なき宿となりぬとも
                           軒端の梅よ春を忘るな
                                                         (吾妻鏡)

荒れ果てた野原の草木が風にそよいでいる中、ここが実朝の
自身の諦観を詠んだ舞台だったら、などの
勝手な想像に遊ぶ時間が好きだった。


     2015_0730_142721dsc_0011

          2015_0730_142513dsc_0010

けだるい猛暑のさなか、まばらな見学者に手持ち無沙汰の
職員から見所の説明を受け、遣り水の流れを眺め帰路へ。

若宮大路の、「置き石」でアイスティーとピスタッチオエクレア
を美味しくいただく。
「置き石」とは、段鬘の置き石のことで付近の町内会の名称
ですって。

                    2015_0730_154449dsc_0012

|

たまに行くなら、こんな空間

古我邸と言えば、鎌倉で知らぬ人はいない扇ガ谷の
洋館で、かつては相続争いによる○○事件もあり、
それは、漫画「鎌倉物語」にも登場しているほど。

だが、数か月前からフレンチレストラン「古我邸」と
姿を変え、予約の難しいことで話題となっている。   

2015_0731_072816dsc_0014

         2015_0730_110007dsc_0001_2
 

2015_0730_112332dsc_0002_2 2015_0730_114048dsc_0003
       2015_0731_05352020150731_053521_2

          2015_0730_130859dsc_0005

早々に、ご近所の友人とのランチを楽しむ機会に
恵まれたrestaurant
お値段はともかく、味も雰囲気も期待を裏切らない。

惜しむべくは、庭の草木の成長だ。
鎌倉らしさを維持できるといい。

|

2015年7月24日 (金)

暑いさなかではありますが

韓国語のメンバー五人で、藤沢の「焼肉おくう」で
ランチをしました。
初めての店だったのですが、店内も洒落ていて、
何よりも美味しかったので、全員満足happy01

次もアリですねbell

2015_0723_124930dsc_0031

|

鎌倉駅前は

こんなに蒸し暑いのにsweat01
みんな、どこへ行こうとしているのでしょうか?

2015_0719_095442dsc_0022

西口の、紅茶専門店で毎年咲かせている蓮の
花が見事です。

         2015_0719_093846dsc_0021

|

2015年7月17日 (金)

たまには

鎌倉彫教室のメンバーで、同じビルにできた
台湾料理のランチをいただきました。

2015_0714_123705dsc_0022

|

夏祭り

極楽寺界隈では、ご長老が集まって祭りの
準備に余念がありません。

2015_0712_112551dsc_0019

          2015_0712_112425dsc_0016

|

2015年7月11日 (土)

日差しのありがたさを

時には雨も落ち着くので、嫌いではなかったのだが、
台風の関係もあり、今回はあきるほど長びいた。

そんなわけで、やっと太陽が出たので極楽寺へと散歩
しました。早朝より植木職人が入っていて、こじんまり
とした境内はいつも清々しくて、私の好きな寺である。

  2015_0711_100149dsc_0015_2

|

食べようと思ってたのに…

色づき始めたトマトhappy01
明日の朝食にと思い、取らずに翌朝を迎えたら
カラスかリスのしわざか、食いかけとなって落ち
ていた。これで何度目だろうか…

     2015_0710_080233dsc_0009

|

2015年7月 4日 (土)

来訪者

珍しく、ダイニングテーブルで過ごしていると、窓辺
からの視界を横切る来訪者の多いことに驚いたsweat01

      2015_0704_082820dsc_0007

リスに始まり、ご近所の猫、カラス、名も知らぬ鳥、
そして、あまり歓迎したくない青大将も…sweat02

猫には、必ず呼びかけるのだが、どの猫もツレないcat

夜中、妙な物音やかすかな鳴き声を耳にすることが
あるが、タヌキやアライグマ、ハクビシンなども闊歩
しているのだろう。

|

2015年7月 2日 (木)

お台場での梅雨のひととき

武蔵小金井の野外博物館「江戸東京たてもの園」に、友人と
訪れました。約7ヘクタールの園内には、江戸時代から昭和
初期までの、30棟の復元建造物が建ち並んでいます。

2015_0628_112815dsc_0007 2015_0628_142528dsc_0015

文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示
するとともに文化遺産として次代への継承をめざしているという
だけあって、懐かしい香りのする貴重な博物館でした。

                2015_0628_113417dsc_0009

江戸中期の農家のいろり端では、ボランティアの方よりほうじ茶を
ごちそうになり、しばし休憩japanesetea

バブル崩壊後、維持費が掛かり過ぎると見直しがあり、それを機に
運営をボランティアで行うことになったとのこと。
屋台での売り子、建物のガイドも、年配のボランティアの方々でした
が、親切で生き生きとした笑顔が印象的でした。

2015_0628_134345dsc_0012 2015_0628_134328dsc_0011

        今は、思い出の中にしかない銭湯

2015_0628_134723dsc_0013 2015_0628_133051dsc_0010
    昭和の商店街            高橋是清邸

その晩は、お台場の「大江戸温泉物語」にお泊りspa

Youがあまりにも多く、戸惑いますがsweat01、どのYouも浴衣の
着こなしが良く、とてもお似合いだったのには驚きhappy01

浴衣って長身で体格の立派な人にも映えるんですねshine

2015_0628_221830dsc_0022

               2015_0628_163839dsc_0018_3

      翌日は、欲張らず久々のカラオケを楽しみましたkaraoke
      たまには、思いきり通俗的な楽しみ方もいいものよnotes

              2015_0629_124639dsc_0026

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »