« 年に一度の | トップページ | しめくくりは大祓 »

2016年12月29日 (木)

人は自然に癒される

今年もあとわずかの日々を残すところとなりましたが
そんな矢先、千葉の家が突然売却の運びとなり、
あわただしく後片づけをしに駆けつけました。

500坪近い庭の手入れも最後となり、広い庭をまわり
一本一本なじみの木々、草花に別れを告げる。

たわわに実るレモンやゆずの木。
春先ともなると、甘いさくらんぼが実り、
背伸びして枝を抱えこんではさくらんぼを
堪能したものです。
梅もびわも、キウィも、アスパラガもタケノコも、
季節の恵みと幸せを運んでくれました。

目覚めると、庭をおとずれたキジの鳴き声に心が和み
四季折々の花々にもどれだけ癒されたことでしょう。

枯れ葉をたき火とし、ただ赤く燃え盛るその火を見つめて
いるだけで、疲れきった心や体が、
自然と蘇生していく人間の本能も感じていた日々。

次の人が、この木々らを大切に思ってくれるかどうか
考えると、余計なことと思いつつも
ふいに涙があふれて来るのです。
いままでありがとう。
ありがとう。

001

|

« 年に一度の | トップページ | しめくくりは大祓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事